読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レシムノに憧れて

雑記以外の何物でもないです。趣味はエコとギリシャです。

布オムツが飛んでいた

台風が着々と近づいています。この地は、夕方まで雨はもって、ありがたいことに洗濯物は外干しができました。

しかし、風が朝から強くて、心配だった布オムツ。パラソルハンガーの根元の押さえるところに押し込んで干しているし、この押さえは取り込む時も結構抵抗があるし、うーん、大丈夫だろう!と判断して昼過ぎまで外出していました。

ところが、帰ってきたら布オムツ、4枚ほど飛んでいました…。がーん。干してるエリア内のハンガーの歯抜けの部分とベランダにしなっと落ちていた枚数が4で一致していました。

でももしかしたら、ハンガー20本全部は埋まってなく、全部で何枚だったかは覚えてないので、はじに干していた分が空に飛んで行った可能性もあります。そうだとしたらとても悲しいな。

娘の使っている布オムツ、全部に愛着があり、大事なんです。

先日、下痢が続いていたので小児科を受診したとき、受診直前に布オムツに出たものを検査することになり、使用済み布オムツを看護師さんに預けたことがありました。

そして必要な分を採取し終わったオムツを持ってきた看護師さんから、どうしますお母さん、これ持って帰って洗います?と聞かれました。

ええ?どうします?なんて聞きます??持って帰って洗ってまた使うに決まってますよ〜!と、捨てるなんて思ったこともない自分に気づきました。看護師さんには、あ、はい!と答えただけですが。


そういえば先日実家に帰省した時、母が私達子供の赤ちゃん時代に使っていたという布オムツを二枚くれました。雑巾にしたりしてこれが最後の二枚よ、と。同じトビーの輪オムツ!

でも使い込んだ分生地も心なしか薄く、そして柔らかいのです。

有難くうちの布オムツ仲間に入ってもらいました。これに当たるのは2/30の確率で、当たるとラッキー!と思います。


私も将来そんな風に娘にあげられたらいいなと思います。