読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レシムノに憧れて

雑記以外の何物でもないです。趣味はエコとギリシャです。

何も感じないわけがない

この夏、ある人との出会いがあり、私が長年抱えてきた悩みや辛さをたった2時間その人と話しただけで、手放すことができました。
今思っても不思議です。
よく、いい言葉を見つけたり、それは真理!という考え方を知ったり、実践したりして、ああ私はこれで大丈夫だわーと思っても、長くて一週間。忘れたりもう効き目が切れたりして、元に戻っていました。
だから、今回も、その方とのお話が終わった後の爽快感が半端じゃない!何この身軽さ!!とびっくりしながらも、またすぐに戻るんだろうと思ってました。
もう10ヶ月もたって、戻るどころか、どんどん進化しています。できることがどんどん増えています。

とにかく毎日が落ち込まない。楽しい。心地よい。
人に左右されない。


そんな風に思っていたのに、ここ数日で立て続けに友達とのことで悩んでいました。どうしても友達の言動が許せず、久々に友達と喧嘩をしました。
日が経つにつれ、許せなかった自分が悪かったのだと自分を責める気持ちも浮かんだりしました。

その度、もう大丈夫と思っていたのに、まだ怒ったり自己嫌悪に陥ったりするなんて、私はまだまだなんだ…とがっかりもしました。
けれど、ちょっと待てと気付きました。
私は怒りもせず傷つきもせず悩みもせず反省もしない人間になるつもりでいたのか⁈と。そんな人がいるとでも⁈
よく考えたら当たり前のことでした。

何も感じない人なんているわけありませんでした。

明らかに前と違うのは、そのときに言いたいことを、言えたということ。良い人になろうとしなかったこと。ちゃんと正直な気持ちを伝えられたこと。相手の言い分も冷静に聞けて、気持ちを受け止めることもできたこと。仲直りもできたこと。怒るべきところはやっぱり怒ってよかった、と、立ち直りが早かったこと。
よかったと思えることもたくさんありました。

こうすべきだ、これが正しい正解だ、を手放せた、というのはどんなときにも私をた助けてくれているようです。自分の気持ち、心地良いほうを選ぶ、それだけで、私は何があっても、感情は動いても、それでも大丈夫です。