読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レシムノに憧れて

雑記以外の何物でもないです。趣味はエコとギリシャです。

大晦日に

自分の意思とは裏腹に、毎日何時に終わるかわからない、勤務中はずーっと神経張り詰めっぱなしのお昼も食べたらすぐ戻る、な仕事をしています。
そんなつもりじゃなかったのに…。
田舎でのんびり子育てのつもりが、これがブラック企業かあと観光気分になれるくらいの何もかもがブラックとして完璧な会社で、毎日時間に追わり常に焦って走って間に合わなくて謝りまくる日常を、なんとかこなしてる…つもりが体は正直で禿げました。
保育園の予定お迎え時間を二時間は超えてるし学童のお迎えはもはや行けてません。子供の病院もいけません。

もう解決するための答えはひとつなのですが、何故一歩を踏み出せないのでしょうね。

それは、他に仕事があるのかなという不安と、狭い街だけに辞めても色んな人に会いまくるし、自分がこの街でやっていくためにはここで頑張ったほうがいいんじゃないかという思いと、まあ、あと少しは今まで事務補助で物足りなかったのがここでは最前線で働いてる充実感もないこともないという理由…なのか、それが全てなのか自分でもわかりません。

辞めたら楽になるだろうなあ。
楽になるだろうなあ。