読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レシムノに憧れて

雑記以外の何物でもないです。趣味はエコとギリシャです。

土鍋でごはん

洗濯はまだまだ試行錯誤中で、これという方法が定着していないので、いったん棚上げします。

他のエコな話。エコなのか?わかりませんが、ここのところ、炊飯器を使っていません。
Facebookの知り合いの投稿で、鍋でご飯を炊いてみました、というのを見て、なぜか素直にやってみたい!と思い、なんのためらいもなくその日土鍋で炊いてみました。
そして、その美味しさに、心底ビックリしました。お米が甘い!キラキラしてる!多少手順を間違えても、結局美味しく炊ける!さらに冷めても美味しい!
保温しなくなったので後から食べる主人に冷めてるご飯について確認したところ、美味しいから土鍋を続けてと言ってくれました。

しかも、時短です。炊飯器では45分かかるのに、点火してから10分ほどで火は消し10分蒸らして出来上がりです。
ご飯出来上がり予定時間から逆算して早めにしかける…と構えずに、すぐに炊けるのでご飯に対してなんだかフランクになり、構えなくなりました。

電気は温めることにコストがかかるときいたので、毎日炊飯して、夫が帰るまで長時間保温していたのをやめたことでどれだけ電気代が減るのか密かな楽しみです。ガス代もどれだけあがるのかも気になりますが。

以前からうっすら気になっていた鍋でご飯。実家にいる頃はたまに母が圧力鍋でご飯を炊いていて、それがとても美味しかった。でもなぜか自分でやってみるということは考えもしませんでした。
お米は炊飯器で炊くもの、という揺るぎない思い込みがあったのです。

でも土鍋でご飯を炊き始めたら意外と炊飯器をやめた人の情報が入ってくるようになりました。
こんなに簡単で美味しくて小エネルギーでご飯が炊けるのに、電気炊飯が当たり前になったのには、大きな理由があるのでしょうね。うーん。