読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レシムノに憧れて

雑記以外の何物でもないです。趣味はエコとギリシャです。

忘れたふりのザゴリア

ザゴリアの続き、すっかり忘れていました。というのは少し嘘で、見て見ぬ振り、忘れたふりしていました。
かえる、本当に本当に怖かったです。自分の人生、ここが一番の正念場だ、と自覚していたのをはっきり覚えています。
そろーりそろーり、かえるが何も動きませんようにと心の底から祈りながらすれすれの横を通り抜けました。
幸いかえるは微動だにせず、私も人生最大のピンチを乗り切ることができましたが、もしあそこで、かえるががあとか声を出したり、ただ一歩前足を少し踏み出しただけで、もしかしたら私は崖から人知れず転落していたかもしれません。

そのピンチを脱しても、いけどもいけども終わらないハイキングコース。アップダウンの激しい自然そのものの道。
ゴールして山を抜けカフェというものを見つけた時は心底、本当にホッとしました。あの時のコーラの美味しかったこと。スタンドで立ち飲みだったけど、疲れは吹っ飛びました。

しかしここはどこ?バス停からははるか離れて山を越えてしまいました。
いや、ここはお金で解決しよう。手持ちで足りるかわからないけど、タクシー呼んでもらってバス停に戻ればいいや。
しかしタクシー、その村にはそんなものすら存在していませんでした。お金なんて何の意味もありませんでした。
またいつか、続く。
懐かしいなあ。